台湾のオフショア風力発電プロジェ クトマップ及びガイダンス

台湾政府は、台湾海峡でオフショア風力発電所を開発する計画を発表しました。同政府の目標は極めて積極的で、高いレベルを設定しており、2020年に500MW(メガワット)、2021~2025年に5GW(ギガワット)を追加、2026~2030年にはさらなる増加が委託されています。

その結果として、イベントが急速に展開しています。 特定のプロジェクトに関する新しいポリシーの詳細やその更新情報はメディアで報告されますが、これらの情報の多くはすぐに新しい情報に置き換えられてしまい、古い情報となり役立たなくなってしまいます。 利害関係者にとって、開発が進むにつれて「プロジェクトの全体像」を常に把握していくことは難しいことであります。

成長しつつある台湾の再生可能エネルギーのプラクティスをおこなう法律事務所であるアイガー法律事務所は、台湾の急成長するオフショア風力発電プロジェクトに関して集められた参照資料の価値を認識しております。

このニーズに応えるために、当事務所はこのマップとガイダンスを、一般に公開された情報を基にし、台湾のオフショア風力産業の進展に関心のある方のために、公共のリソースとして作成しました。

このリソースは、常に修正可能の状態にあるものであることを意図としております。それゆえ、修正、追加、更新またはその他のフィードバックなどを歓迎しており、energy@eiger.lawに送付していただければ幸いです。

このマップには以下に挙げる3つのタイプのオフショア風力発電プロジェクトが表示されています:

     1.デモンストレーションインセンティブプログラム(「DIP」)のフェーズ1で承認された3つのオリジナルプロジェクト。(デモ1からデモ3までラベルされています);

     2.台湾のエネルギー局によりゾーン計画申請(ZAP)プログラムのフェーズ2で識別された36のゾーン(1~36までラベルされています);

     3.個々の開発者申請者によって識別されたその他4つのゾーン(AからDまでラベルされています)

特定のプロジェクトに関する情報にアクセスするには、プロジェクトの場所をクリックするか、右上のコーナーにある四隅のアイコンをクリックして拡大マップを開き、検索ボックス内に開発者の名前(英語または中国語で)を入力します。 そうすればそのプロジェクトに関する重要な公開情報を含むダイアログボックスが開きます。

台湾のオフショア風力発電プログラムおよびその他の重要な法律に関する詳細な情報については、ポール‧キャシングハム(Mr. Paul Cassingham)またはジャスミン‧シェン(Jasmine Shen)(energy@eiger.law)までご連絡を頂くか、またはアイガー法律事務所の出版物のページをご覧ください。