エドワード・スウィフト(施孝华)

カウンセル

エドワード氏は、技術取引、知的所有権保護、反トラストおよびホワイトカラー犯罪問題、輸出管理、雇用法および紛争解決にわたるプラクティス分野において、世界で最も評価されている企業の社内弁護士として20年以上の法律経験を持っています。

同氏は、複数管轄の規制調査、米国の外国腐敗行為防止法(FCPA)およびその他の従業員関連事項を含む広範なコンプライアンス問題に関して、上級管理者に対する主要アドバイザーおよびビジネスパートナーの役割を果たしてきています。

1993年米国ネバダ州の弁護士として登録

学歴

  • カリフォルニア・ウエスタン・スクール・オブ・ロー (J.D.)
  • アメリカン大学 (国際関係 学士号)
  • 北京外国語師範大学, 1987年卒業

プラクティス

  • ドルビー・ラボラトリーズ(北京と台北)のシニア・ディレクター
  • チャイナ・ドットコム (香港)のシニア・バイスプレジデントとジェネラル・カウンセル
  • 日立データシステムズ (香港)のアジアパシフィック・ジェネラル・カウンセル
  • GE(ワシントンDCと香港)の法務とコーポレート部門取締役
  • ベーカー&マッケンジー (台北)アソシエート

語学

英語、 中国語、 スペイン語

得意な

競争法と独禁法コンプライアンスコーポレート&投資危機管理デジタル経済雇用知的所有権訴訟&仲裁メディア&エンターテイメントプラクティス分野、 ホワイトカラー犯罪/調査

その他

国際弁護士会のメンバー
台北・ヨーロピアン・スクールの英国第一カウンセルのメンバー