シュウ・ティアン

パートナー

シュウ・ティアン氏はアイガー法律事務所上海オフィスのパートナーであり中国プラクティスの先導者です。シュウ氏は中華人民共和国(PRC)弁護士連合会の弁護士として登録しており、外国直接投資、コーポレート、M&A、雇用、税務のプラクティスに焦点をおいています。また同氏は知的所有権法や不正競争防止法での経験も有しています。

シュウ氏は奢侈品小売(ラグジュアリー品小売)、流通、貨物運送、鋼鉄生産、自動車、機械工学、テレコミュニケーション、航空業界などの世界規模の大手多国籍企業や中小企業へのアドバイス を10年以上にわたり行っております。

またシュウ氏は中華人民共和国の弁護士として登録しております。

学歴

  • ウィーン経済大学 (オーストリア) (LL.M)
  • ウィーン大学/ ウィーン外交官養成アカデミー(上級国際研究修士号)(オーストリア)
  • 上海大学 (法学士)

プラクティス

  • 2009年から現在 エイガー法律事務所上海オフィス
  • 2003年-2009年 ベンガー &ビェリ(Wenfei)(スイスの法律事務所)(瑞士 文斐律師事務所―北京、上海
  • 上海の法律事務所

語学

  • 中国語、ドイツ語、英語

出版物

  • 2014 The International Bar Association’s International Real Estate Planning Guide (China chapter), co-author, IBA-International Estate Planning Guides
  • 2013 Strategie Markenanmeldung Schweiz-China (in German), co-author, SIC! Zeitschrift fuer Immaterialgueter-, Informations- und Wettbewerbsrecht, Switzerland
  • 2012 “Cash Pooling and Insolvency: A Practical Handbook, Globe Law and Business”, China chapter, co-author (Globe Law and Business)
  • 2011 “A changing landscape – An update on foreign investment vehicles in China”, co-author (GesKR, Dike Publishing House, Switzerland, September 2011)
  • 2006 “Foreign investment vehicles in China – Overview of the legal framework”, co-author (GesKR, Dike Publishing House, Switzerland, December 2006)
  • 2005 “Practical consequences of the new measures regarding commercial enterprises” – a case study, co-author (GC Ticker, Shanghai, March 2005)
  • 2003 “Observations on former Article 14 of OECD MC and the ramifications of its deletion” (Permanent Establishments in International Tax Law, Linde Publishing House, Austria)

得意なプラクティス分野

その

報酬&認定書

undefined