マイケル・ワーナー

シニアアソシエート

ワーナー氏は会社設立、商事、税務、労働許可、外国投資承認、商標登録、国際家族法に関する件などを扱い、会社への法的サポート を行う、経験のあるカウンセラーです。同氏はアジアの様々な管轄区において、ボイラールームスキーム(金融・株式詐欺)などの投資や インターネット詐欺などの犯罪行為や犯行者からの債務回収において顕著な実績があり、またエイガー法律事務所の税務チームだけでなくコーポレートチームの一員でもあります。

  • 2004年に弁護士資格取得
  • ドイツのザクセンにて弁護士として登録
  • 台湾にて外国リーガルコンサルタント

学歴

  • イースト・アングリア・ノーウィッチ大学(英国)(LL.M)
  • ベルリン高等裁判所実習生 (第二国家試験終了)(ドイツ)
  • ハンボルト大学 (第一国家試験終了) (ベルリン、ドイツ)

プラクティス

  • 2008年から現在:エイガー法律事務所
  • 2003年-2008年:ベンガー &ビェリ(Wenfei)(スイスの法律事務所)(瑞士文斐律師事務所―台北)
  • 台北の法律事務所
  • 講師 (ドイツ)

語学

  • ドイツ語、英語、中国語

得意なプラクティス分野

出版物

  • “Prenuptial Agreement in Modern Family Law”, 2001, UEA Norwich

その他

  • 2004年以降: ドイツ台湾法学者ソサエティー (DTJV)メンバー
  • 2004年以降: 欧州商業会議所(台湾)メンバー
  • 2004年以降: アメリカン商業会議所(台湾)メンバー
  • 2008年以降: 国際弁護士連合協会メンバー
  • 2014年以降:ドイツ協会知的財産保護会員(GRUR)