知的所有権

特許、商標、著作権、トレードシークレット、公正取引訴訟、申請;テクノロジー譲渡、ライセンシング;模倣品・海賊版防止、侵害調査の調整、証拠回収;ドメイン名の登録や紛争などを含む訴訟・非訴訟の知的所有権ケースの取り扱いや調整。

現在中華圏市場でビジネスを営んでいる企業または同市場へ参入しようとする企業がアイガー法律事務所の広範囲における知的所有権に関するアドバイスを受けています。当事務所の顧客のニーズに対する一貫したアプローチは、顧客のブランド、著作権のある商品、特許、トレードシークレット、ノウハウなどを、模造品や侵害が早急に拡散する地域においてどのように保護するのかなどに関する効率的かつ実践的なアドバイスを我々が提供する準備が整っているということを確実にしています。

  • 知的所有権、トレードシークレット・公正取引に関する弁護士意見書の提供やその訴訟
  • 警察、検察官、その他の一般公開されたリソースの最大化
  • 海外知的所有権訴訟や仲裁のサポート。令状・訴状の送達や証言録取りなどを含む
  • 現地調査の調整
  • 商標申請と特許申請の調整
  • ロイヤルティー(特許・著作権使用料)回収
  • ディストリビューター関連知的財産問題
  • フランチャイズ(営業権/特許権)契約

チャンバーズは、“米国と欧州の広範囲に渡る顧客ベースを持ち、商標問題において大手の国際ブランドオーナーに対しアドバイスをすることにおける幅広い経験があり、民事·刑事両方のIP執行訴訟を扱っている”と述べており、

リーガル500は、”外国人弁護士と現地弁護士の両方の弁護士サービスの依頼が可能であり、国際企業にとって台湾でのIP権利の保護を求める際、アイガー事務所は特に望ましい選択である“と述べています。