デジタル経済

デジタル経済

中華圏地域内でのビジネスでは、伝統的なマーケティングと流通チャンネルが急速なテクノロジーの進展に追われ、電子商取引とインターネットの複雑な知識を要求されるようになりました。私共の顧客は、テクノロジー、デジタルビジネス、ソーシャルメディアにおける私共の経験がもたらす素晴らしい成功結果を期待することが可能です

アイガー法律事務所はリーガル500アジアパシフィックの第一層ランキングに選ばれました。そして弊所のテクノロジープラクティスはその他多くの主要リーガル出版物が選ぶトップ層に位置づけられています。我々はテクノロジーの言語を理解しています。そして外国の顧客に対して彼らがスタートアップ会社を設立するのか、ライセンスのアレンジメントを交渉しようとしているのか、又は電子プロモーションキャンペーンの実施を決めようとしているのかなど、どのようにお手伝いしたらよいかを理解しております。

アイガー法律事務所はまた以下の事項について顧客に対しリーガルサービスを提供しております。

  • テクノロジー関連の税優遇措置やその分析
  • オンライン/オフライン支払いシステムと手段方法
  • ビデオゲームの政府当局関連の規制コンプライアンスとレート付け
  • ドメイン名保護
  • 許認可とインターネット契約

Asialawでは非常に推奨できるIT,テレコム、メディア関連の法律事務所であると称えられました。

リーガル500アジアパシフィックでは、第一層にランク付けされた法律事務所とされました。

Chambersは “歴史のある会社と新ビジネスの両方のデータ保護や電子商取引問題におけるリーガルサービスを活発に行っており、同事務所は中小企業の代理人としての素晴らしいトラックレコードがあります。

中華圏市場に参加する日本企業はアイガー法律事務所に幅広いプライバシー、データ保護、情報保全のアドバイスを依頼しています。 業界ごとの基準に従った様々な規制要件にどのように従うかそしてどのように顧客とその顧客の価値ある知的財産、トレードシークレット、データ、ノウハウ、そして急増するテクノロジーにより広がりつながっている顧客を保護するかということに対し、当事務所は効率的かつ実際的なアドバイスを提供する準備があります。

当事務所の多分野において訓練されたチームは業界セクターに特化した以下に関するサポートを提供します。

  • 個人情報保護法
  • プライバシー
  • データ保護
  • 情報保全
  • インターネットとコンピューター法
  • 電子商取引、消費者保護
  • 競合他社の情報やトレードシークレット
  • 情報管理や記録保持
  • 名誉毀損
  • サイバー(ネット)犯罪への対応
  • オンライン・オフライン支払い制度とゲートウェイズ