コンプライアンス

中華圏や広いアジア地域 で経営を営む日本企業はアイガー法律事務所に様々なコーポレートポリシーや法律コンプライアンス問題などにおけるサービスを依頼しています。 独禁法から反贈賄法に至るまで当事務所は日本や中華圏地域の法律を基にした法的債務に関するカウンセリングや社員へのトレーニングそしてさらに潜在的問題が発見された場合、専門知識を提供します。

当事務所はまた海外オフィスが本社の価値観に合わせるためのコーポレートクライメートの維持のためのカウンセリング、トレーニング、救済的解決を提供するために顧客企業と親密に連絡を取り合い仕事をしています。

  • 独禁法ポリシー法的コンプライアンストレーニングやアドバイス
  • 米国海外不正行為防止法(FCPA)、英国贈収賄禁止法、国際商取引における外国公務員に対する贈賄の防止に関する条約(OECD)、外国公務員贈賄禁止規定(日本)の法的コンプライアンストレーニングとアドバイス
  • 倫理や利害の衝突の扱い方を含むコーポレートポリシーコンプライアンストレーニングとアドバイス
  • 環境保護のリーガルコンプライアンストレーニングやアドバイス
  • 調査・取調べ期間における証拠収集と証拠の扱い方の管理
  • 政府当局に対する顧客の代理

アイガー法律事務所は 最新技術(最先端)で柔軟性のある、コスト効率の良い、倫理やコンプライアンストレーニングのオンライン解決策を提供します。当事務所とそのパートナーらは法律、トレーニング、テクノロジーにおける何年もの経験を活かして同オンライントレーニングを創作しました。 当事務所のオンライントレーニングは、すべてを包含し、個々の要望に応じ、信頼出来る、コスト効率が良く、安全な(業界基準であるVerisign™ や TRUSTe™の安全要求に従った)アプローチを持って生み出されました。

当事務所は台北の米国商業会議所と台湾の欧州商業会議所により編成されたいくつかの委員会のメンバーであり、コーポレート、銀行業、人事、その他の重要部門における規制の展開に密接に追従しています。

アイガー法律事務所は中国と台湾の両方で、 コーポレートインターナショナルマガジンの”2012年(ベスト)コンプライアンス顧問ファーム“の地位を獲得しました。この賞は審査の段階期間において顧客から最も推奨され最も高いクオリティーフィードバックを得たファームに対して与えられるものです。