エネルギー&環境

2025年までに原子力への依存を停止するという台湾{政府}の決定は、規制の優先順位が変化し、投資機会が多様化し増加が起こることにより、新しい機会と新たなチャレンジをもたらしました。

プロジェクトがオンショアまたはオフショアの風力、太陽、地熱やその他の再生可能エネルギー源または原子力エネルギーの修復に関するかいなかにかかわらず、アイガー法律事務所は、この新しい内容において適用が続けられるであろうコーポレート、商業、金融、税務上の問題における当事務所の長年の専門知識と当事務所が熟知している新興しつつある政治かつ規制がらみの台湾エネルギーの背景を組み合わせることができることを誇りにしています

当事務所のエネルギー&環境関連チームは、エネルギーと環境関連の専門分野における何十年もの経験を誇りに思っており、私どもの豊富な経験には、プロジェクトや関連する問題のすべてのタイプが含まれています

  • コーポレート・ストラクチャリングと税金プラン
  • プロジェクトファイナンスと担保貸出
  • ライセンス、許可、承認
  • 株主およびジョイントベンチャーの取り決め
  • 空気、水、騒音、および有害廃棄物規制への準拠
  • エンジニアリング、建設、供給契約
  • リース
  • 職場の安全衛生に関する懸念
  • 労働と雇用の問題
  • 保険包括範囲の問題
  •  環境影響評価およびその他の環境規制の問題
  • 再生可能エネルギー開発及び関連規制
  • 公共調達と官民パートナーシップ
  • 電力購入契約
  • 投資協定
  • 政府関係と現地のステークホルダーとのコミュニケーション

アイガーのチームメンバーであるマイケル・ワーナー氏は台湾の欧州商業会議所の風力エネルギー委員会を設立するためにアイガーでの初期活動を起こした者であります。

チームメンバー: ジョン・イーストウッド蕭彣卉ジャスミン・シェンネイサン・カイザー ジャスミン・シェン/沈之馨ポール・J・キャシングハムマイケル・ワーナー